· 

LHJメソッド New Basic Leaderが誕生しました!

昨日はLHJメソッド Basic Leader 2期のセミナー最終日でした。

 

私を含めBasic Leader 1期生はサポーターとして New Laederの誕生を見届けてきました。

 

受講者には毎回課題が出されます。

そのお題のハードルが高いんです。

私も当時は大変でした。

 

 

「セルフケアと3人施術の症例報告。パワーポイントで資料を作成して、プレゼン時間は5分ぴったりを目指す!」

 

1つ目の高いハードル「プレゼンテーション」

 

昔とった杵柄という言葉がありますが、

20代のころの大学院生時代に、

学会発表、修士論文発表、博士論文発表、などなど、プレゼンテーションの場数はふんでおります。それでも緊張しました。

 

人前で話した経験があまりない人にとっては

とてもハードルが高くて、

逃げ出したくなるくらい緊張したことだと思います。

 

 

2つ目の高いハードルは「時間が5分ぴったり」

 

セルフケアと施術の症例報告を5分でするというのは、かなりタイトなスケジュールなんです。5分で伝えたいことを的確に伝えるためには、最終的なメッセージに向かって内容を削らなければなりません。

この「引き算の見極め」が短いプレゼンで一番大変な作業になります。

 

 

3つ目の高いハードル「施術の症例報告」

 

これまで施術をした経験がない人にとって、

誰かに施術をすること、

はとても勇気がいることです。

 

施術を誰かにお願いするときに、

今、自分がしていることや思いなどについて、

相手に対して正直に自己開示する必要があります。

 

私も身体のケアを本格的に自分の仕事にしていこうと決めて、周りに開示し始めたときはいろいろな反応がありました。

ネガティブな反応もたくさんありました。

これに対して、自分のモチベーションをどう整えてきたかについてはおいおいに。

面識のあるかたはお気軽に聞いてくださいね。 

 

自己開示をすることはとてもとても怖いことです。

私も、実は、

おしっこちびるかも、

というくらいビビった瞬間を何度か体験しています(今となっては貴重なネタです(o^^o))。

 

でもね、思いきってやってしまえば、

あるとき急に「開いちゃった方が楽だな」と腑におちて、

だんだんと怖いものがなくなってきます。

 

私、もうすぐ無敵になるかも〜(笑)

 

課題が過酷だからこそ、我々Basic Leaderは短期間でメキメキと実力をつけてきました。

 

そんな試練を乗り越えた、2名の新しいBasic Leaderが誕生しました!やったー!

 

本当におめでとうございます!

 

昨日のセミナーでは、私、知らないうちにミラクルを起こしていました。

詳しくは友泉先生が紹介してくださいましたので、リブログします。シンクロニシティってあるんだなと実感した出来事です。

だから人生は面白い!

 

 

本日3月26日は友泉先生のお誕生日。

みんなでお祝いしました!

 

 先生「58歳」 おめでとうございます!

いちいち年を言わんでいいと、先生が突っ込んでくる声が聞こえる〜(笑)

 

 

私達の自慢の先生です♡