· 

巻肩を改善するとバストアップします。

こんにちは!「骨格美人Lab.」代表の野木佐智子です。

 

本日のクライアントさんは長女が1歳の頃から母子ともに仲良くしている友人です。夏休みなので子連れで出張整体しました。施術の間は子供たちも楽しく過ごしていました。

 

このクライアントさんは幼稚園の先生です。

 

 

いつも園児を追いかけて抱っこしているので肩がバリバリ。夏休みが終わってからも元気にお仕事できるように肩まわりを中心に上半身を丁寧にケアしました。

 

「おっぱいの場所が上がった〜♪すごい!」とのコメントいただきました♡

 

 

今回は首(口腔下部)も変化しました。術後は前後に広がって、前から見るとくびれができて細く長くなりました。首の腔を整えることで施術効果が長持ちします(^^)

肩が凝っている人は肩が前に巻き込んでいて、頭が前に出ていることが多いです。

 

肩周りと首をケアすることで肩と胸腔上部が広がって、結果としてめっちゃバストアップします。見た目が美しくなるのは「おまけ」のようなもので、胸腔が広がることで心肺機能の向上や腹腔内の内臓のポジションが整うことが期待できます。

 

LHJメソッドのパッドケアで筋肉を全体に緩めて、癒着した筋膜を息指圧でリリースします。筋肉の状態を整えたあとに骨格調整をしていきます。

 

骨格調整では「意図的に理想状態を作る」ことがポイントです。

 

上半身を骨格調整する場合は、クライアントさんに呼吸を意識してもらって、肋骨の内側から腔を広げることも大切です。肩周りを快適にするためには巻き肩のケアが必須です。肩甲骨のポジションを下げて締めると胸・肩が開いて、施術効果も維持されやすくなります。

 

LHJパッドケアには横隔膜を緩める効果もあるので、骨格調整との合わせ技で腹圧が下がって骨盤底筋群が働きやすくなります。「尿漏れ」「骨盤臓器脱」など、たくさんの産後の女性が悩んでおられる症状のケアとしてもお役にたつと思います。お気軽にお問い合わせくださいませ♩

 

 

 

綺麗と元気が同時に手に入る「骨格美人Lab.」。あなた様も体験してみませんか?

 

クービック予約システムから予約する